罰金、示談、刑事処分でお困りなら
交通事故の加害者側の弁護士

交通事故の加害者側になってしまったら?

まず何をする必要がある? 罰金を受けない方法はある?
刑事処分を軽くするには? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

はじめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの不注意で交通事故を起こしてしまって、交通事故の加害者としてお困りの方だと思います。慣れないトラブルで困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

交通事故の加害者側として、トラブルを穏便に解決するためには、事故の態様に応じた適切な対応を行うことが大切です。任意保険に加入している場合は、任意保険を最大限に活用し、被害者に被害弁償を尽くしていくこと、保険に加入していない場合でも、被害弁償に一時金を支払うなど、誠心誠意を尽くして被害者に向き合っていくことが、後々の手続きで加害者に有利に考慮されることになります。

私がよく見る交通事故の加害者の落とし穴は、最初だけしっかりと被害者対応を行ったものの、その後は被害者に連絡せず、被害者の処罰感情を逆撫でしてしまうというものです。検察庁での刑事処分や裁判所での刑事裁判では、調書に書かれた被害者の処罰感情が非常に重視されます。この観点から、被害者に対する謝罪と賠償は、保険会社任せにせず、法的手続きの専門家である弁護士を立てて対応するのがベストといえます。

調書に書かれた被害者の処罰感情が緩和すれば、刑事裁判になる予定の交通事故が罰金刑だけで済んだり、罰金刑になる予定の交通事故で不起訴処分で済んだりすることが多々あります。検察官としても、被害者が加害者を許している以上は、重たい刑事処罰を求める必要性が乏しいと感じることが少ないからです。交通事故が不起訴処分で終われば、前科がつかないので、その後の社会復帰がスムーズです。勤務先の会社としても、懲戒処分等を行わず、穏便に職場復帰を認めるケースも多いです。

交通事故を起こしてしまい、交通事故の加害者という慣れない立場に追いやられてお困りとは思いますが、あまり難しく考えずに、ひとつひとつシンプルに解決していくことが大切です。お困りの方は、まずは弊所の法律相談をご利用ください。LINE相談であれば相談料は無料のため安心です。

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

交通事故の加害者側になってしまったら?

まず何をする必要がある? 罰金を受けない方法はある?
刑事処分を軽くするには? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

はじめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの不注意で交通事故を起こしてしまって、交通事故の加害者としてお困りの方だと思います。慣れないトラブルで困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

交通事故の加害者側として、トラブルを穏便に解決するためには、事故の態様に応じた適切な対応を行うことが大切です。任意保険に加入している場合は、任意保険を最大限に活用し、被害者に被害弁償を尽くしていくこと、保険に加入していない場合でも、被害弁償に一時金を支払うなど、誠心誠意を尽くして被害者に向き合っていくことが、後々の手続きで加害者に有利に考慮されることになります。

私がよく見る交通事故の加害者の落とし穴は、最初だけしっかりと被害者対応を行ったものの、その後は被害者に連絡せず、被害者の処罰感情を逆撫でしてしまうというものです。検察庁での刑事処分や裁判所での刑事裁判では、調書に書かれた被害者の処罰感情が非常に重視されます。この観点から、被害者に対する謝罪と賠償は、保険会社任せにせず、法的手続きの専門家である弁護士を立てて対応するのがベストといえます。

調書に書かれた被害者の処罰感情が緩和すれば、刑事裁判になる予定の交通事故が罰金刑だけで済んだり、罰金刑になる予定の交通事故で不起訴処分で済んだりすることが多々あります。検察官としても、被害者が加害者を許している以上は、重たい刑事処罰を求める必要性が乏しいと感じることが少ないからです。交通事故が不起訴処分で終われば、前科がつかないので、その後の社会復帰がスムーズです。勤務先の会社としても、懲戒処分等を行わず、穏便に職場復帰を認めるケースも多いです。

交通事故を起こしてしまい、交通事故の加害者という慣れない立場に追いやられてお困りとは思いますが、あまり難しく考えずに、ひとつひとつシンプルに解決していくことが大切です。お困りの方は、まずは弊所の法律相談をご利用ください。LINE相談であれば相談料は無料のため安心です。

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.