罰金、示談、刑事処分でお困りなら
交通事故の加害者側の弁護士
  • HOME »
  • 対応が悪い場合のリスク

対応が悪い場合のリスク

加害者のベストな対応

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「交通事故を起こした後に、加害者や保険会社の対応が悪い場合のリスク」について調査した結果を報告しています。

加害者側の保険会社の対応が悪い!?

被害者の方から「保険会社の担当者の対応が悪いんだけど、何とかしてくれないか」と怒られています。
そんな場合は、まず保険会社に連絡してみましょう。担当者に原因があることも多いので。
わかりました。被害者の方を怒らせるような担当者なら、会社の方で交代してくれればよいんだけど。

交通事故の加害者としては、被害者に対する対応は、道義的にも、法的責任の観点からも非常に重要だ。被害者から「対応が悪い」と怒られるような保険の担当者は、今すぐ交代したいところだ。

交代する方法としては、まず保険会社のお客様窓口に連絡してみよう。あなたからの連絡をきっかけに、担当者の活動が調査されれば、何が原因で被害者が怒っているのかが判明するだろう。

担当者の交代が難しい場合は、保険会社と並行して弁護士を立て、示談交渉を弁護士に、示談金の支払いを保険会社に依頼するのも一つだ。

被害者としても、保険会社の担当者が出てくるよりも、弁護士が直接対応した方が、「丁寧に取り扱われた」と感じて、結果、示談の話し合いがスムーズに進むことが期待できる。

特に、刑事事件の側面からは、被害者を怒らせるのは得策ではない。被害者を怒らせたままだと、法廷の手続きで「絶対に許さない」「厳罰に処して欲しい」などの意見を言われてしまう可能性があるからだ。

被害者の意見・処罰感情は、刑事裁判の刑罰の量刑にダイレクトな影響を与えるので、非常に重要だ。

(まとめ表)
対応が悪い 対応がよい
示談対応 担当者が被害者に不躾な対応 担当者が被害者に丁寧な対応
損害賠償 賠償額について被害者と喧嘩 賠償額について被害者と合意
その他 連絡がなかなかつかない 連絡がまめ
※被害者から対応が悪いとクレームがつく保険会社の担当者は、往々にして態度が不躾です。被害者の気持ちを無下に扱い、相手の神経を逆撫でするような態度を取りがちです。そのような保険の担当者であれば、まとまる示談もまとまらなくなるので、そのような場合は、弁護士を立てて保険と並行して対応するのも一つです。

加害者本人の対応が悪い!?

交通事故の被害者の方から「ぜんぜん謝罪と反省が感じられない」と怒られてしまいました。
相手にはちゃんと真摯に対応しましたか?被害者からのクレームの大半は、コミュニケーションが原因です。
はい。私としては。菓子折りも持参しましたし、謝罪の言葉も丁寧に言ったつもりなのですが…

加害者本人の対応について、被害者からクレームが出た場合は、慎重に対応する必要がある。

被害者がいる交通事故(人身事故)の多くは、民事の賠償問題だけでなく、刑事手続きにものることになるが、被害者の意見・処罰感情は刑事処分に大きな影響を与えるからだ。

被害者が加害者を許せば、本来は罰金の事故が不起訴に、本来は刑務所行きの事故が執行猶予になったりする。それほどダイレクトに処分の結果に影響を与えるのが、被害者の意見だ。

交通事故の加害者としては、不起訴になれば前科がつかない、執行猶予になれば刑務所に入らずに済むという大きなメリットを受けることができる。

(まとめ表)
対応が悪い 対応がよい
民事責任 示談がなかなかまとまらない 示談がスムーズにまとまる
刑事責任 刑罰が重たくなる可能性あり 刑罰が軽くなる可能性あり

もし自分の対応のどこが悪いのか分からない、自分1人で被害者の対応をするのは不安だという場合は、弁護士に相談するのが一番だろう。交通事故を取り扱う弁護士であれば、これまで数多くの被害者と直接交渉してきた経験があるため、被害者が怒るポイントを熟知していることが多い。

(まとめ表)
対応が悪い 対応がよい
示談対応 謝罪ではなくお金の話から入る お金の話ではなく謝罪から入る
損害賠償 賠償金の金額をケチろうとする 適正な額の賠償金を支払う
その他 連絡が取れたのは最初だけ 最後までしっかりと連絡を取る
※被害者からの加害者本人に対するクレームで一番多いのは、「連絡をしてきたのは最初だけで、後は担当者に任せきり」というものです。謝罪を行う際は、最初も肝心ですが、何度か菓子折りを持って謝罪に行く方が望ましいです。

「対応がよい」と感じてもらうには!?

では、被害者の方から「対応がよい」と感じてもらうには、どのように振る舞うことが大切ですか?
何よりも、被害者の方に対して、丁寧かつ最後までしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。
なるほど。最初だけ謝ってもダメなんですね。たぶん、僕が失敗したのはそこかもしれません。

被害者からの「対応が悪い」とのクレームの大半は、コミュニケーション不足かコミュニケーションの方法が雑なことに起因する。

言い換えると、丁寧かつ最後までしっかりとコミュニケーションを取ることを心がければ、「対応が悪い」とのクレームの大半を防ぐことができる。

また、賠償金や示談金の金額をある程度のところで折り合うことも大切だ。お互いがお互いの主張にこだわれば、まとまる示談もまとまらなくなってしまう。あなたの方で先に一歩引いて、穏便に事件を解決するのも一つの選択肢だ。

(まとめ表)
加害者による丁寧な対応 保険会社による丁寧な対応
示談対応 最初から最後まで一貫して謝罪 最初から最後まで誠実に対応
損害賠償 適正な額の賠償金を支払う 適正な額の賠償金を支払う
その他 最後までしっかりとコミュニケーション 最後までしっかりとコミュニケーション
※被害者から「対応が悪い」と思われないように、謝罪とコミュニケーションは最後までしっかりと行うことが大切です。被害者からのクレームの大半は、お互いのコミュニケーション不足に起因します。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017