罰金、示談、刑事処分でお困りなら
交通事故の加害者側の弁護士
  • HOME »
  • 死亡慰謝料の相場は?

死亡慰謝料の相場は?

加害者が支払う慰謝料

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「死亡事故を起こした場合に支払わなければならない死亡慰謝料の相場」について調査した結果を報告しています。

交通事故における死亡慰謝料とは?相場はいくらぐらいなのか!?

交通事故を起こしてしまい、被害者の方がなくなった場合に支払わなければならない死亡慰謝料とはなんですか?
慰謝料とは精神的苦痛に対する損害賠償金のことを言います。死亡慰謝料とは被害者の方が亡くなられたことによって、被害者本人や遺族が被った精神的苦痛に対する損害のことです。
なるほど、死亡慰謝料とはそういう意味だったんですね。
慰謝料には相場など定められていますか?
被害者の家庭内での立場によって、死亡慰謝料の相場は決められています。

交通事故における死亡慰謝料には相場があるが、それは自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準のそれぞれにおいての相場がある。

自賠責保険であれば、被害者本人の慰謝料が350万円と決められている。遺族の慰謝料として、父母・配偶者・子の合計人数が1人の場合は550万円、2人の場合は650万円、三人以上の場合は750万円とされている。被害者に被扶養者がいる場合にはさらに200万円が追加される。

つまり、自賠責保険において死亡慰謝料の支払いを受けるとしても、遺族が3名以上で被害者に被扶養者がいる場合の1300万円が上限となる。

被害者本人の慰謝料 350万円
遺族の慰謝料 遺族が1名 550万円(750万円)
遺族が2名 650万円(850万円)
遺族が3名 750万円(950万円)
※カッコ内は、被害者に被扶養者がいる場合の慰謝料額を示しています。

任意保険では、そのそれぞれの会社によって定められている死亡慰謝料基準が異なる。あくまで、遺族が任意保険会社と交渉した場合の死亡慰謝料は、旧任意保険支払い基準によれば、一家の支柱が亡くなった場合には総額で約1700万円、その他の立場の人が亡くなった場合には1250~1450万円が目安となる。

一方、裁判で認められる裁判基準では、一家の支柱が被害者の場合は2800万円、母親・配偶者の場合は2400万円、その他は2000~2200万円程度と言われている。

交通死亡事故の交渉を保険会社任せにしていると、保険会社が被害者遺族に、裁判基準を大幅に下回る慰謝料を提示し、それによって遺族の怒りや不信感が増大し、刑事手続で不利な処分を受ける可能性がある。

交通死亡事故では、保険会社や保険会社の選任した弁護士任せにするのではなく、自分で選任した弁護士に被害者対応や刑事事件対応を依頼したほうが、適正な慰謝料額を提示することができ、民事・刑事両面において良い結果につながることが多い。

(まとめ表)≪亡くなった方別の死亡慰謝料相場≫
死亡慰謝料の相場(万円) 任意保険基準(万円)
一家の支柱 2800 1700
母親・配偶者 2400 1250~1450
その他 2000~2200
※旧任意保険支払基準を参照。死亡慰謝料の相場は、被害者の家庭内の立場によって金額が変わります。任意保険基準は慰謝料相場よりも大幅に低いことがほとんどです。

慰謝料の他にも支払わなければならないお金はあるのか!?

死亡事故を起こした場合には、死亡慰謝料以外にも支払わなければならないお金ってありますか?
はい、死亡慰謝料以外にも葬儀関係費や死亡による逸失利益なども支払わなければなりません。
死亡逸失利益や葬儀関係費はどれくらい支払わなければなりませんか?
死亡逸失利益については無くなった方の年収に大きく関わるため一概に金額を定めることはできませんが、数千万円超えても全くおかしくはありません。
な、なるほど・・・
やっぱり、万が一に備えて任意保険に加入することは大事ですね。

死亡事故に関しては死亡慰謝料以外にも主に葬儀関係費と死亡逸失利益も支払わなければならないようだ。

葬儀関係費とは、簡単にいうと亡くなってしまった被害者の葬儀にかかった費用の損害賠償ことを言う

葬儀関係費には相場と言うよりも上限額が定められており、自賠責基準では60万円が,任意保険基準等では150万円が賠償金の上限となる。
つまり、実際にかかった葬儀費用が170万円であっても原則的には加害者側が負担しなければならない最高上限額は150万円となっている。

死亡による逸失利益とは、交通事故で被害者の方が死亡してしまったことで将来得られるはずだった仕事などによる利益を失ったことによる損害賠償のことを言い、これについても加害者側は支払わなければならない義務が発生する。

死亡による逸失利益は亡くなった方の年収額や勤務可能年数によって大きく異なり、数千万円以上となることが殆どであり、被害者の年収や年齢によっては1億円を超えることもありえる。

死亡事故の慰謝料や逸失利益については法的な支払い義務があり、自賠責保険・任意保険に加入していない場合には全額個人負担となるため、万一に備えるためにも任意保険に加入することは必須といえる。

(まとめ表)
葬儀関係費 死亡による逸失利益
請求額 上限150万円 数千万~1億円超
保険未加入 全額個人負担
任意保険加入 基本的に全額任意保険負担
※死亡事故の場合、慰謝料以外にも逸失利益や葬儀関係費用を被害者に賠償する必要があります。個人の資力では到底まかなえないことがほとんどなので、万一に備えて任意保険への加入をお勧めします。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017