罰金、示談、刑事処分でお困りなら
  • HOME »
  • 正しい示談書の書き方は?

正しい示談書の書き方は?


加害者側の示談とは

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「交通事故の加害者が示談をする場合の正しい示談書の書き方」について調査した結果を報告しています。

交通事故の加害者側が作成する「正しい示談書の書き方」を徹底調査。

交通事故を起こしてしまいました。自分で示談を進めることになったのですが、注意点はありますか?
示談を締結する際は、必ず示談書を作成するようにしてください。後日の紛争の蒸し返しを予防するためです。
なるほど。トラブルを蒸し返さないためには、必ず示談書を作成した方がよいということですね。

交通事故の当事者が自動車保険に加入していなかった場合は、諸々の損害について、自分たちで示談交渉を進めなければならないケースも多い。

自分たちで示談交渉を進めた場合は、当然、示談の成立時に作成する示談書についても、自分たちで作成しなければならない。

示談書の作成自体は、それほど難しくないので、話し合いがスムーズにまとまりそうな場合は、弁護士費用を節約する観点から、自分たちで示談書を作成するのも一つの方法だ。

他方で、①事故の態様過失割合について争いがある、また②後遺症の点で将来的に争いが起きる可能性があるというようなケースは、弁護士を立てて対応した方がよいかもしれない。

弁護士に示談書を作成してもらえば、弁護士費用を支払う代わりに、法律的に有効で、かつ争いの解決に実効的な示談書を入手することができる。

それでは、自分たちで示談書を作成する場合の「正しい示談書の書き方」をみてみよう。

(交通事故の示談書のサンプル)

示談契約書

加害者氏名(以下「甲」という。)及び被害者氏名(以下「乙」という。)は、平成27年●月●日●時●分、●●において発生した交通事故(以下「本件事故」という。)について、以下のとおり示談契約を締結する。

第1条 甲は乙に対し、本件事故の損害賠償金(物的損害、傷害による損害及び後遺障害による損害の一切を含む。)として、金●円の支払い義務があることを認める。

第2条 甲は乙に対し、本契約締結日から1か月以内に、前条の金員を乙指定の下記銀行口座まで振込送金により支払う。振込手数料は甲の負担とする。

(銀行口座の表示)
銀行名・支店名
口座種別
口座番号
口座名義(ふりがな)

第3条 甲及び乙は、本件事故に関し、本契約に記載したもの以外に何らの債権債務が存しないことを相互に確認する。

本示談契約締結を証するために、本示談契約書3通を作成し、うち甲が2通を、乙が1通を保有する。

平成27年●月●日


(住所)
(氏名) 印


(住所)
(氏名) 印

自賠責用に提出が必要な場合があるため、この示談書においては、甲が2通保有するという形式をとっています。

「事故の内容」に関する事項の書き方

示談書に書く「事故の内容」に関して、何か書き方で特に注意すること、気をつけることはありますか?
事故の日時・場所・態様を明記して、示談の対象を明確化し、紛争の蒸し返しを予防することが大切です。
紛争の蒸し返しを予防するためには、事故の日時・場所・態様を具体的に明記することが大切なんですね。

示談書には、示談の対象となる「事故の内容」を書く必要がある。

「事故の内容」の書き方としては、いつ・どこで・誰が・何を・どうしたかという5W1Hを意識して、紛争の蒸し返しを予防する観点から、できるだけ具体的に書くことが大切だ。

(書き方サンプル1)

示談契約書

加害者氏名(以下「甲」という。)及び被害者氏名(以下「乙」という。)は、平成27年●月●日●時●分、●●において発生した交通事故(以下「本件事故」という。)について、以下のとおり示談契約を締結する。

(書き方サンプル2)

示談契約書

加害者氏名(以下「甲」という。)及び被害者氏名(以下「乙」という。)は、以下のとおり示談を締結する。

第1条 本示談は、平成27年●月●日●時●分、●●において発生した交通事故(以下「本件事故」という。)を対象とする。

「示談金」に関する事項の書き方

「示談金」についてはどうでしょう。示談では示談金に関する事項が一番重要になってくると思うのですが。
示談金の総額支払い方法、既払いの場合はその旨をしっかりと明記することが大切です。

示談金については、必ずその総額を明示するようにしよう。紛争の蒸し返しを防ぐ観点からは、総額の内訳についても書いておいた方が安心だ。

次に、示談金の支払い方法を明示しよう。銀行払いにする場合は、振込先の銀行口座を、現金払いにする場合は、別途、現金支払い時に領収証を受領した方が安全だ。

示談書は、その書き方次第だが、示談金を支払ったことの証拠にならないケースも多いので、示談書とは別に必ず支払い記録を残すことが大切だ。

また、示談金をまだ支払っていない場合は、支払い期日についても明確に書いておく必要がある。お金がなくて分割払いを希望する場合は、支払い期日の書き方を工夫してみよう。

「当事者のサイン」や「日付」について

「署名」についてはどうでしょう。署名の方法や日付の入れ方について何か決まりはありますか?
署名は手書きで氏名を書くようにしてください。氏名に加えて、住所を記載し、押印するのが一般です。

示談書は、示談の内容が書かれた書面に両当事者が署名(サイン)をすることで完成する。

署名(サイン)は、手書きで氏名を正しく書く必要がある。他人の名前を勝手に書けば文書偽造罪が成立するので、要注意だ。

また、氏名の上に「住所」などの情報を付け加えることも多い。

示談の当事者は、原則として、事故の被害者/加害者本人だ。死亡事故の場合は、被害者の遺族(相続人)がサインをすることになる。代理人がサインをする場合は、代理である旨の明示が必要となる。

また、示談が成立した日を特定するため、サインの上に日付を入れるのが一般的だ。日付は和暦でも西暦でもどちらでも構わない。

印鑑は、認印でも大丈夫だが、シャチハタは避けた方が無難かもしれない。手書きのサインがあれば、法的には一応有効な示談書として成立するが、日本の風習的にはサインの後ろに押印するのが一般的だ。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。