罰金、示談、刑事処分でお困りなら
交通事故の加害者側の弁護士
  • HOME »
  • 慰謝料問題を示談で解決

慰謝料問題を示談で解決

加害者が支払う慰謝料

こんにちは。加害者側の慰謝料について調査しているともにゃんです。

このページでは、「交通事故の加害者になった場合の慰謝料問題をなんとか示談で解決できないか」という問題について調査した結果を報告しています。

慰謝料問題を示談で解決したい!

ヤバイです、先生!交通事故の加害者になっちゃいました!慰謝料の問題をなんとか示談で解決したいです。裁判はしたくないです!
落ち着いてください、ともにゃんさん。交通事故の慰謝料問題は示談が成立すれば解決します。
そうなんですね。安心しました。でもそもそも示談ってどういう意味なんですか?実は何も知らないんです。

交通事故の慰謝料問題は「示談」で解決した方がよい、という話を聞くけれども、そもそも「示談」とはどういう意味なのだろう。

示談とは、当事者間の請求関係を終局的に清算する行為をいいます。示談をすれば、もう慰謝料は請求されません。

なるほど。どうやら示談というのは、示談金の支払いを条件に、今後はお互いに一切の請求を行いませんと約束することをいうようだ。

示談が成立すれば、被害者から将来的に慰謝料を請求されることもなければ、民事裁判になることもない。そういう意味で、交通事故の慰謝料問題は、示談さえ成立すれば完全に解決すると言えそうだ。

逆に、示談を成立しなければ、いつまでも民事責任を負い続けるということになってしまう。つまり、いつまでも民事裁判を起こされることを恐れながら生活しなければならないということだ。

民事裁判に負ければ、不動産や預貯金を差し押さえられる可能性もあるため、交通事故の慰謝料問題は早めに示談で解決したいところだ。

(まとめ表)
示談あり 示談なし
慰謝料請求 示談によりすべて解決 支払い責任あり
後日請求 追加の請求は示談でストップ 支払い責任あり
※予測不可能な後遺症が示談締結後に発生した場合は、別途争いとなるケースがあります。

慰謝料の示談金ってどれくらい?

では示談で慰謝料を支払うとして、どれくらいの慰謝料を支払えばいいのですか?何か目安がありますか?
交通事故の慰謝料は、何よりも被害の程度によって決まります。けがの重さや通院の程度次第ですね。
なるほど。簡単に言えば、大きな事故であればあるほど示談金の金額も高くなるということですね。

示談で支払う慰謝料は、被害者のけがの程度や通院の程度によって異なってくる。また、被害者の人数や、自動車などの物品の破損具合によっても異なってくるだろう。

示談金は、一切の賠償金を合わせた額になることが一般なので、慰謝料の金額よりも示談金の金額の方が高くなるのが普通だ。

現代社会では、交通事故は非常に多く発生しているため、慰謝料の金額も基本的には定型的に判断されることになる。

もし被害者から過大な請求をされているのでは、と不安な場合は、一度弁護士に相談してみるのがよいだろう。弁護士であれば、裁判所の基準にもとづいた合理的な慰謝料の金額を計算できるからだ。

もちろん、加入している保険会社が問題ないというのであれば、被害者の要求に素直に応じるのも一つの選択肢だろう。その方が紛争の解決という観点からは円満かもしれない。

(まとめ表)
慰謝料 示談金
軽傷事故 数十万円程度 慰謝料プラスαの金額
重大事故 数百万円程度 慰謝料プラスαの金額
重傷・死亡事故 数千万円程度 慰謝料プラスαの金額
※交通事故の慰謝料の金額は、被害の程度によって異なる。示談金は、慰謝料にその他の賠償金を加えた金額になるので、通常は「慰謝料プラスαの金額」となることが多い。

慰謝料問題を示談で解決する方法は!?

では、実際に慰謝料問題を示談で解決しようと思ったら、どのような方法で解決するのがベストですか?
まずは保険で対応してみてください。保険に加入していなかった場合は、弁護士に相談するのがよいかもしれません。
弁護士さんに相談すれば、相談料や弁護士費用でお金がかかってしまいますよね。それでもその方がよいですか?
費用を考慮しても慰謝料の支払い義務が安くなる可能性があります。弁護士なら裁判基準での慰謝料計算が可能です。

慰謝料問題を示談で解決しようと思ったら、まずは保険の担当者に相談するのが一番だ。

ただ、任意保険に未加入だったり、被害者が保険会社に過度な要求をしていて示談がまとまらない場合は、慰謝料計算の専門家である弁護士に相談してみた方がよいかもしれない。

弁護士が代理人として交渉すれば、被害者に対して判例にもとづいた適切な額の示談金を求めることができ、紛争の早期かつ適正な解決につながる。

被害者の側としても、加害者に弁護士がつけば、過度な要求はしにくいだろう。

弁護士がついた場合は、どうしても示談の話し合いがまとまらなければ、そのまま裁判に移行することもできる。つまり、話し合いの場においても、裁判を前提とした強気の交渉を行うことができるのだ。

また、弁護士なしで自分で示談交渉を行えば、被害者から「反省していない」と判断され、刑事処分で不利な判断を受けるリスクや、示談書の作成に不備があり、法的に有効な示談が成立しないリスクがある。

弁護士費用の問題から自分で示談交渉を進めるにしても、あらかじめ法律相談を受けておくのがよいかもしれない。法律相談だけであれば、無料の法律相談があるので、そちらを利用すればよいからだ。

(まとめ表)
弁護士あり 弁護士なし
慰謝料の計算 弁護士が慰謝料の額を計算 相手の言うなり
示談交渉 弁護士が代理人として交渉 自分で行う
示談締結 弁護士が代理人として締結 自分で行う
※自動車保険に加入していなかった場合は、慰謝料の示談は、弁護士を立てて行うか、自分で行う必要があります。弁護士を立てて対応すれば、弁護士費用が発生する反面、専門家による適正額でのベストな解決が期待できます。

慰謝料を示談で解決できなかったら!?

もし被害者との慰謝料問題を示談で解決できなかったとしたら、僕はどうなるのでしょうか?
示談がなければ慰謝料の支払い責任が継続することになります。また、刑事処分でも不利になります。
ということは、何としても示談は成立させた方がよいということですね。ありがとうございました。

被害者との間で慰謝料の支払いに関して示談が成立しなければ、引き続き慰謝料の支払い義務を追い続けることになるようだ。

交通事故で相手にけがを負わせてしまった場合は、刑事処分を受ける可能性があるが、刑事処分の重さの判断においても、示談が成立していないことは加害者に不利に考慮されるとか。

刑事処分の重さは、被害者への弁償の有無や程度を考慮して決定されるからだ。

もし示談金の工面が可能であれば、刑事処分の内容が決定する前に、慰謝料問題は示談で解決してしまいたい。そうすれば、示談で慰謝料問題が解決すると同時に、刑事処分の決定でも有利な判断を受けることができ、一石二鳥だからだ。

今回の調査で、被害者との慰謝料問題を示談で解決するにしても、その時期とタイミングが大切ということが分かった。

(まとめ表)
示談なし 示談あり
慰謝料請求 支払い義務あり 支払い義務なし
民事責任 継続 解決
刑事責任 処分が重くなる 処分が軽くなる
※もし被害者との慰謝料問題を示談で解決できなければ、引き続き慰謝料の支払い責任が継続します。また、刑事処分においても、示談が成立した場合と比べて、不利な判断を受けることになります。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017