罰金、示談、刑事処分でお困りなら
交通事故の加害者側の弁護士
  • HOME »
  • 保険会社による対応は?

保険会社による対応は?

加害者と保険の関係

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは、「交通事故を起こした後の保険会社による示談や裁判への対応」について調査した結果を報告しています。

保険会社が交通事故の加害者のためにしてくれる対応は!?

先生、質問です!
交通事故を起こしてしまったときに、任意保険会社の人は僕のために何をしてくれるんですか?
契約者の方は基本的に、事故後の故障車のけん引、被害者との示談交渉、故障車の修理工場への案内、賠償保険金の支払いなどをしてもらえます。
なるほど。
保険会社のオプション内容によっては他にも、加害者被害者いずれの場合でも車両保険により修理費用の支払いをしてもらえ、代車の提供などもしてもらえます。
オプション内容で更にいろいろな対応をしてもらえるんですね。
まずは、運転免許取ってきます!

保険会社はオプション内容によってしてくれる対応が変わってくるが、基本的な対応はどの会社も殆ど似たものとなる。

事故直後の場合は、故障車のレッカーや自宅に帰るまでの費用を補償してくれる。その後は、被害者との過失割合や治療費、修理費などの示談交渉、そしてその示談に見合った保険金の支払いをしてもらえる。

保険金の上限は対人においても対物においても無制限にしておくことがオススメ!「これだけあれば十分」と思っていても、被害者の怪我の程度や事故車の価値によっては設定していた上限額を大きく超えることがあるので注意しよう。

他のオプション対応では、加害者の治療費や修理費、新車購入費用、弁護士費用などの補償もしてもらえる。

また、保険会社ができない対応の一例としては、相手方との示談がまとまらずに裁判になったときには保険会社の担当者は裁判において代理人となることはできない。その場合は弁護士に依頼する必要があるね。

(まとめ表)
任意保険なし 任意保険に加入
事故車のレッカー代 レッカーの要請や費用は個人負担 費用補償あり
被害者との示談交渉 個人で行う 保険会社が代理
被害者への賠償金支払い 全額個人負担 無制限で対応してもらえる
※任意保険会社では万が一のことがあったときに様々な補償を受けることができる保険プランがありますが、その分保険会社に支払わなければならない保険料は増減してきます。その料金差が倍になることも多いため、よく検討することが必要となります。

(例)アクサダイレクトによる対応

事故後の対応で保険会社を選ぼうかなと考えてるんですけど、例えばアクサダイレクトの場合はどうしてくれますか?
アクサダイレクトの場合、事故の規模によっては電話対応だけでなく、自宅に訪問し円滑に解決するためのアドバイスを丁寧にしてくれるみたいですね。
それはありがたいです!
直接会って身振り手振りを加えて話した方がわかることもありますしね!

アクサダイレクトでは、事故が起きたことを連絡すると、まずはじめにその事件現場でするべきことをオペレーターからアドバイスしてもらえる。

その後、レッカー車が来て事故車を運んでくれ、搭乗者に関しては自宅や最寄りのホテルまでの交通費及び宿泊費を補償してもらえる。

契約者が希望する場合や相手方が入院している場合には、アクサダイレクトの面談担当者が自宅まで訪問しこれからの事故解決を円滑にするためのアドバイスをくれる。

そして、事故における加害者と被害者の損害の調査を行い、それをもとに被害者との示談交渉を代理してもらえる。示談交渉が上手くいかなかった場合の裁判も、アクサダイレクトの提携する弁護士がいるから安心だ。

事故対応の経過を適宜報告し、被害者の同意が得られた場合には示談が成立して保険金を支払い、無事に事故解決となる。保険金支払いに伴う自賠責への加害者請求や事故証明取得などもアクサダイレクトが代行してくれる。

(まとめ表)≪アクサダイレクトの補償内容≫
価格重視タイプ 補償重視タイプ
対人・対物賠償保険 無制限に補償
契約者の補償 契約した車に搭乗しているときのみ 自転車や歩行中の事故による治療費等も補償
地震による車両損害の補償 補償なし 補償あり
弁護士費用の補償 補償なし 補償なし
※基本的に、どの保険会社も事故後の対応は似ており、またオプションで付けることができる補償内容についても大きな差はあまりありません。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017