罰金、示談、刑事処分でお困りなら
  • HOME »
  • 保険未加入の場合

保険未加入の場合

加害者と保険の関係

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「交通事故の加害者が保険に未加入の場合はどうなるか」について調査した結果を報告しています。

保険に未加入の加害者とは!?

交通事故問題においてよく保険未加入の加害者と聞きますが、保険未加入だとどうなりますか?
保険未加入で加害者になると、相手の車の修理費や治療費、慰謝料などの賠償金を全額個人で負担しなければなりません。
保険に入っている場合だと、個人負担部分はなくなりますか?
自賠責保険では一定額まで補償してもらうことができ、任意保険の場合だと無制限で治療費等を負担してくれます。

事故を起こしたとき、相手に生じた損害額を支払わなければならない義務が発生する。自賠責保険や任意保険は契約者があらかじめ保険料を支払うことで、万が一事故を起こした場合にもその賠償金をある程度まで又は無制限で補償してもらうことができる。

例えば事故を起こして相手に怪我を負わせた場合には、自賠責保険では120万円まで、任意保険では基本的に上限額なしで実際にかかった費用や慰謝料を補償してくれる。

しかも、任意保険の場合は交通事故損害の保険金を支払うだけでなく、その事故問題を解決するための示談交渉や故障車の修理工場の手配なども加害者の代わりに行ってもらうことができる!

(まとめ表)
加入 未加入
自賠責保険 一定の上限額まで補償 事故が起きた場合は全額個人負担
任意保険 基本的には対人・対物の賠償金は全額保険会社が負担 自賠責保険に入っている場合には一定の上限額まで補償
※交通事故の加害者の賠償金の個人負担額は、自賠責保険と任意保険への加入の有無によって異なります。交通事故の賠償額は高額になりやすいため。できれば、両方の保険に加入することを強くお勧めします。

自賠責保険に未加入の場合は!?

例えば、自賠責保険に未加入の場合にはどのようなデメリットが生じますか?
自賠責保険は自動車等を運転する際には必ず加入していなければならないため、事故を起こさずとも未加入であることが発覚した場合には刑事罰に問われます。
わ、わお・・・
事故を起こした場合にはどうなりますか?
自賠責保険・任意保険ともに未加入で事故を起こした場合には賠償金を全額自己負担することになります。

自動車やバイク、原付などは運転するためには必ず自賠責保険に加入しなければならず、未加入の場合には刑事罰に問われるになる。

自賠責保険未加入が発覚した場合には1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が下され、また無保険運転は交通違反となり違反点数6点で即座に免許停止処分となるので注意しよう。

また、事故を起こして相手に怪我を負わせたときに自賠責保険未加入の場合には全額個人負担となるが、加入している場合には相手の怪我の治療費については120万円まで、後遺障害に対しては4000万円まで、死亡事故に関しては3000万円までは自賠責保険で補償してもらえる。

なお、加害者の怪我に関しては、加害者が自賠責保険に加入していようとも、加害者の自賠責保険からは治療費等は支払われない。被害者側の自賠責保険又は任意保険からその治療費のうち被害者の過失割合分が支払われることになる。

もう一つ注意するべき点として、自賠責保険で補償される金額は相手の怪我や後遺障害、死亡などの人身損害のみであり、物的損害については個人負担になる。

(まとめ表)
自賠責加入 自賠責未加入
相手のけが 通常の怪我であれば120万円
後遺障害であれば4000万円まで補償
過失割合をもとに自分の責任による部分については自己負担
自分のけが 基本的に自己負担+一部被害者側負担
※自賠責保険に加入せずに公道で車両を運転する行為は、犯罪行為となりますので、必ず加入するようにしましょう。加入しておけば、自賠責保険から被害者への必要最低限の補償がなされます。

任意保険に未加入の場合は!?

では、任意保険に未加入の場合はどうなりますか?こちらも警察に処分されますか?
いえ、任意保険は自賠責と違って、入る・入らないは個人の判断に委ねられており、未加入の場合にも処分されることはありません
なるほど、それはよかったです。
事故を起こしたときに未加入の場合はどうなりますか?
任意保険に未加入で事故を起こした場合には、基本的には自賠責保険の制限額までは自賠責保険が負担してくれますが、それを超える金額については自己負担となります。

任意保険とは、そのまま文字通り入るかどうか個人の任意となっているため、入らなくても自賠責保険のように交通違反や刑事罰に処されることはない。

しかし、事故を起こして相手に怪我を負わせたり、車を損壊させたりした場合には、任意保険に入ってないと困ることがいくつかある。

治療費などについてはある程度自賠責保険によって補償されるが、その補償される金額に制限があり、交通事故を起こしたときの治療費や慰謝料などはその上限を超過することが多々ある。また、自賠責保険では相手の車の修理代や公共物の破損による修理代金などは補償されない。

自賠責保険の上限額を超えた人身損害や、車の修理代等に関しては、任意保険未加入だと個人負担となるため、その点を注意することが必要だ。

任意保険に加入していれば、基本的には対人・対物の賠償金額に関しては無制限で補償してもらうことができ、また人身傷害特約に加入していれば、自分自身や搭乗者の怪我に関してもある程度補償してもらうことができる。

任意保険のオプションをうまく活用すれば、そういった治療費だけでなく、例えば弁護士に依頼する際の費用も任意保険に負担してもらえるし、事故を起こして自身の自動車が廃車となった場合にも代車を用意してくれたり、新車購入費用の一部を負担してくれたりもするため、事故が起きたとしても余計な不安に煽られることなく無事に事故問題を解決することができる。

事故なんてめったに起こらないものだと、また万が一事故が起きても損害額は大したことないと思い込んで、任意保険に入らない人がいる。

しかし、事故を起こした場合に支払わなければならいない損害額が数千万円、数億円を超えることはそう珍しいことではないので、自賠責の上限額を超えて個人負担になり借金を背負って生活が困窮になるのを避けるためには、任意保険に入ることが必須であるといっても過言ではない!

(まとめ表)
任意保険加入 任意保険未加入
相手のけが 基本的には全額任意保険会社が負担 自賠責保険の上限内で補償
自分のけが 自分の治療費の一部又は全部を保険会社が負担 相手の責任によらない部分については自己負担
※任意保険に加入していなければ、相手に重傷、後遺障害、死亡などの被害を与えてしまった場合には、賠償額が高額になり、とても個人の資力では賄えない事態になってしまいます。自動車を運転する際は、できる限り任意保険に加入しましょう。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017