罰金、示談、刑事処分でお困りなら

無料相談あり、24時間365日営業
お悩みになる前に、まずお電話ください

交通事故トラブルでお悩みの方へのメッセージ

bengoshi_p1このページをご覧の方は、交通事故の加害者側になってしまいお困りの方だと思われます。

交通事故は起こしたくて起こすものではありません。それでも、交通事故を起こしてしまい、交通事故の加害者側になってしまうと、法律的には刑事事件の被疑者という立場におかれるケースが多いです。

刑事事件の被疑者と聞くと、「人生はもう終わりだ」と感じられるかもしれません。しかし、諦めないで下さい。刑事事件の被疑者になったからといって、かならず懲役刑を受けたり、会社を解雇されたりするわけではありません。

刑事弁護士の適切な弁護を受けることによって、平穏な日常を取り戻せる可能性が十分にあります。

飲酒運転・危険運転での人身事故や、死亡事故であっても、事故の直後から弁護士の適切なサポートを受けることで、交通刑務所に入らずに済むことも多いです。刑事裁判になっても、判決に執行猶予が付けば、裁判所からそのまま自宅に帰ることができます。

「交通事故の被害者と示談をして、前科が付かないようにしてほしい」、「家族が交通事故で逮捕されてしまったが、会社に知られないようにしてほしい」という、人には言いにくいお悩みを伺い、問題解決のために活動することは刑事弁護士の重大な役割です。

あなたの絶対的な味方である弁護士に、どんなお悩みでも打ち明けてください。アトムの弁護士は、あなたが事故前の日常を取り戻せるよう、全力でサポートします。

office_name