罰金、示談、刑事処分でお困りなら
  • HOME »
  • 弁護士特約がある場合

弁護士特約がある場合


弁護士に相談するメリット

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは、「交通事故の加害者が加入している任意保険に弁護士特約がある場合の弁護士費用」について調査した結果を報告しています。

弁護士特約と交通事故加害者の弁護士費用の関係は!?

交通事故の加害者になっちゃいました…
過失割合でもめてて弁護士さんにお願いしたいんですけど、お金どれくらいかかりますか?
自身の加入する自動車保険に弁護士特約のオプションが付いている場合には、加害者が被害者の過失割合分の損害を請求する場合の弁護士費用を補償してもらえるよ。
交通事故の加害者であっても、被害者の立場として請求する場合の弁護士費用は特約で補償してもらえるってことですね!

交通事故の加害者の被害者に対する賠償責任は、加入している任意保険の賠償責任保険によって補償される。

通常、保険会社の担当者や、保険会社が選任した弁護士によって、加害者の民事責任についての対応が行われることになっており、保険会社が選任した弁護士の費用については、保険会社が負担することになる。

一方、交通事故の加害者が任意に弁護士を選任することも可能だ。保険会社が選任した弁護士は、加害者の刑事責任を軽くするための弁護活動まではしてくれないのが、加害者が自分で選んだ弁護士であれば、民事と刑事の両方の弁護活動が可能だ。

ただし、注意すべきなのは、加害者が自由に選任した弁護士の費用は、原則として加害者の自己負担になるということだ。ただし、被害者にも一部過失がある事故において、加害者が被害者に対して損害賠償を請求する場合には、弁護士特約を利用して弁護士費用が一部補償されることがある。

(まとめ表)
保険会社が選任する弁護士 加害者が自分で選任する弁護士
民事責任への対応 対応可能 対応可能
刑事責任への対応 対応不可 対応可能
弁護士費用 保険会社が負担 原則として加害者本人が負担。被害者にも過失のある事故では弁護士特約で一部補償される。
※弁護士費用特約は、ご自身で加入する自動車保険の特約として規定されています。交通事故の加害者側の代理人の弁護士費用であっても、被害者に少しでも過失がある事故であれば、被害者に損害賠償を請求するために示談交渉するための弁護士費用を、この特約に基づいて補償してもらえることが多いです。

弁護士特約で民事事件の弁護士費用はどうなる!?

加害者の民事事件の弁護士費用は、弁護士特約で補償されますか!?
加害者が加入する弁護士特約では、被害者にも過失がある事故で、被害者に対して損害賠償請求する場合には、弁護士費用を補償してもらえるよ。
弁護士特約といっても、補償される弁護士費用には限りがあるんですね。

交通事故の加害者の民事責任に関する弁護士費用は、弁護士費用特約によって補償されるのだろうか。

弁護士費用特約は、被保険者が相手に対して損害賠償請求する際に要する弁護士費用を補償する特約なので、被害者に過失がない事故について、加害者として専ら防御活動に徹する場合の弁護士費用は補償の対象外になる。

ただし、保険会社が選任する弁護士の弁護士費用は、弁護士特約とは別に、保険会社が負担することとされている。

注意すべきは、保険会社が選任する弁護士は、加害者の刑事事件への対応をしてくれないということだ。刑事事件対応を弁護士に依頼する場合には、自己負担で刑事専門の弁護士に依頼するのが望ましい。

一方、被害者にも過失がある事故において、加害者が被害者に対し損害賠償請求を行う場合の弁護士費用は、加害者が自由に選んだ弁護士であっても、弁護士特約によって補償してもらえる。

被害者にも過失がある事故の場合には、民事・刑事の両方を対応してもらえる刑事専門の法律事務所に依頼すると、手間が1回で済むので安心といえるだろう。

(まとめ表)
弁護士特約なし 弁護士特約あり
被害者に過失なし ・保険会社が選任した弁護士であれば、弁護士費用は保険会社負担。ただし、刑事対応不可。
・加害者本人が選任した弁護士の費用は自己負担。ただし、刑事対応も可能。
被害者に過失あり 被害者への損害賠償請求に必要な弁護士費用は自己負担。 被害者への損害賠償請求に必要な弁護士費用を補償してもらえる
※弁護士費用特約がある場合でも、交通事故の加害者の民事事件の弁護士費用は、被害者に過失がある事故の場合しか補償してもらえません。保険会社の選任する弁護士の費用であれば、保険会社が負担してくれますが、刑事事件への対応までしてもらえないというデメリットがあります。

弁護士特約で刑事事件の弁護士費用まで補償されるの!?

先生、交通事故を起こした時に、刑事責任が問われる時がありますが、その時の弁護士費用はどうなるんですか?
弁護士特約の補償限度額内であっても刑事事件についての弁護士費用は補償されないよ。
なるほど。交通事故の刑事事件を弁護士に依頼する費用は、自己負担するしかなさそうですね。

弁護士特約で補償の対象になる弁護士費用は、相手に対する損害賠償請求に必要な弁護士費用だけであり、刑事事件の弁護士費用は補償の対象外とされている。

交通事故加害者の民事責任については、保険会社が選任した弁護士が対応することがほとんどだけど、刑事事件までは対応してもらえないことがほとんどだ。

加害者にとっては、刑事事件で不起訴や執行猶予を獲得することに大きな利害をもっているので、弁護士費用を負担してでも、刑事専門の弁護士に弁護活動を依頼するのが得策だろう。

(まとめ表)
保険会社が選任する弁護士 加害者が自分で選任する弁護士
刑事事件の経験・ノウハウ 刑事事件の経験は乏しい。 刑事専門の事務所であれば、経験・ノウハウともに豊富
刑事対応にかかる弁護士費用 自己負担。受任さえしてもらえないことも多い。 自己負担
※交通事故の加害者の刑事弁護に要する弁護士費用は、弁護士特約では補償されません。刑事弁護を希望する場合には、刑事専門の弁護士に依頼すれば今後の対応は安心です。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。